お知らせ

ホーム / 企業情報 / ニュースリリース / 2020年8月27日

ISID-AOとFINOLAB、情報システム部門のシェアリングサービス
「SUBPOSI(サブポジ) IT」を開始

~スタートアップや新規事業開発者向けに、社内IT環境全般をワンストップで提供~




関係各位

2020年8月27日
株式会社ISID-AO



株式会社ISID-AO(本社:東京都港区、代表取締役社長:市川 建志、以下ISID-AO)は、株式会社FINOLAB(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 千恵、以下FINLOLAB)と、スタートアップや新規事業開発者の成長を社内IT面から支援する「SUBPOSI(サブポジ) IT」を、2020年8月27日より開始します。

本サービスは、スタートアップや新規事業開発者を対象とし、PCのセットアップから日々のセキュリティ管理や資産管理、利用者向けサポートなどを組み入れたPCを月々の利用料でご使用いただける、マネージドPCサービスです。また、オプションサービスとして、グループウェアの運用設計・代行、社内ネットワークや複合機の導入など、社内IT全般のサポートをワンストップサービスとして提供していく予定です。

背景

スタートアップは、優れた技術力をベースに新たなサービス開発に取り組んでいます。しかしその多くは、大手企業の情報システム部門と異なり専任のIT管理者を抱える余裕はなく、サービス開発を担う技術者が社内IT管理に時間を取られる、あるいは社内IT管理に関するノウハウが十分でない場合もあることから、新サービスの開発や立ち上げを阻害する要因となることがあります。一方、大手企業の新規事業開発プロジェクトにおいても、社内規程によってIT機器の調達に時間と手間がかかる、実証実験を迅速に行うためのオンライン環境を作ることが難しい、などの課題があります。 こうした状況を踏まえ、ISID-AOとFINOLABは、スタートアップや新規事業開発者が、事業拡大に専念し、成長を加速することができるように、「SUBPOSI(サブポジ) IT」を開始するに至りました。

提供サービスの概要

本サービスは、PCの選定・調達、キッティング、プリインストールソフトウェアのライセンス管理、セキュリティ対策状況の管理、IT資産管理、月次の運用レポーティング、利用者向けサポートなどを含むマネージドPCサービスを提供します。その他にもオプションサービスとして、ドメインやメールアドレスの設定、権限設定を含むMicrosoft 365やG Suiteの運用移管、社内ネットワークや複合機の導入などを提供し、社内IT全般のサポートをワンストップサービスとして提供していく予定です。

   提供開始日:2020年8月27日
   詳細・お問い合わせはこちら: https://it.subposi.com/





株式会社 FINOLAB (フィノラボ)概要
所在地:東京都千代田区大手町 1-6-1
代表者:代表取締役 伊藤 千恵
設立:2019年7月11日
資本金:3億円(資本準備金を含む)
事業内容:
メンバー企業(スタートアップ会員及び企業会員)のFinTech分野での取り組みを支援するとともに、オープンイノベーションを促進し、日本のFinTechエコシステムを発展させるために、FINOLABコミュニティを運営。
Webサイト(URL): https://finolab.co.jp/jp/index.html

FINOLABコミュニティの概要
FINOLAB(The Fintech Center of Tokyo, FINOLAB)は、世界有数の国際金融センターである東京・大手町エリアを拠点とする FinTechのエコシステムの形成および新規ビジネス創出を目的とした会員制のコミュニティ&スペース。2016 年 2 月に日本初の FinTech 拠点として三菱地所株式会社、株式会社電通および株式会社電通国際情報サービスの協業により開設。2020 年 8 月現在、国内外の金融関連スタートアップ 50 社、事業法人 18 社が参画。

※本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。





本リリースに関するお問い合わせ先:
株式会社ISID-AO 営業本部