PERSON

社員インタビュー

INTERVIEW 03

専門家のスキルを最大限に
引き出すマネジメント力を
身に付ける。

テクノロジー&コンサルティング本部

2017年入社O.N.
首都大学東京 経営工学部 卒業

どんな学生時代を過ごしましたか?
大学では経営工学の研究室で、主に社会や企業を支える経営システムのマネジメントについて学びました。印象深いのは企業との共同研究に関わったことです。製品の消費傾向を分析し、その結果を通して製品の需要予測を行うプロジェクトでした。この研究プロセスは現状のシステムや業務を分析し、より良い方法を提案する上でいまも大いに役立っています。また、学業以外でも様々な方とコミュニケーションを取ることを意識していました。アルバイト先や海外留学時の、年齢層や文化の異なる人たちとのコミュニケーションの経験は、社会人になってからの会話の進め方や人脈作りに活かされていると思います。
ISID-AOを選んだ理由は?
就職活動中は、自分の提案でお客様の課題を解決する仕事に興味があり、ITを用いた提案に最も可能性を感じていました。なのでまずはITの知識を身に付けようと考え、SIerの会社を軸に説明会に参加していました。様々な会社を見る中で、社員の方がとても話しやすく、この会社でなら自分らしく働けると感じたことを覚えています。また、規模が大きすぎず小さすぎないことが魅力だと考えています。企業選びの軸の一つが「(個人としての)仕事規模の大きさ」であった私は、若手から大きい仕事を任せてもらえる環境に身を置きたいと考えAOに決めました。入社後も、会社の人や社風が好きな気持ちは変わりませんし、与えられる仕事規模の大きさにも満足しています。
担当している仕事について
現在は、A社のECサイトのリニューアルプロジェクトにおいて、インフラや保守・運用関連のPMOを担当しています。技術的な知識やスキルが未熟なため、お客様や開発業者の方と検討しながら要件定義や設計を進めていますが、初めは何の話をしているのかも分からず苦労もしました。そのような状況でも自分がPMとして案件を進めるため、社内の技術者へ質問したり、開発業者と密にコミュニケーションを取ることで、少しずつ案件を進めることができるようになりました。また、3ヶ月程度の短期間で案件が変わることが多く、案件毎に求められる役割が異なるため、キャッチアップには毎回苦労します。それでも上司や先輩にフォローしていただきながら案件を終えると、一連の流れや進め方を把握できて、同様の内容であれば自分の力で実施できるという自信を持つことができます。
担当している仕事について
目指すプロフェッショナリティ!
社内外を問わず、この人と一緒に働きたい、この人に頼んでおけば大丈夫と思われる人になりたいと思っています。私自身には専門的な知識や高い技術力は、まだありませんが、一緒に働く人達はそのような知識やスキルを持った方ばかりです。こうした環境で働くうちに、各分野のプロフェッショナルたちの力を最大限に活かしてプロジェクトを成功させたいと思うようになりました。そのために、多種多様な案件に関わり、より広い知識やプロジェクトマネジメント力を身につけたいと考えています。今はまだ関わった案件も少なくスキルも未熟ですが、将来的には各分野のスペシャリストと協力し、依頼や要求に対して100%以上の価値を発揮できるプロフェッショナル人物になりたいと思います。
オフの時間の使い方
入社した年に社内でバスケットボール部を立ち上げ、現在も休日に練習を行ったり、大会へ参加したりしています。普段の業務では関わりのない社員と交流できる貴重な機会なので、今後もメンバーを増やして活動したいと考えています。また、最近ではゴルフを始め、学生時代の友人や趣味を通じて新しく出会った人とプレーを楽しんでいます。始めたばかりで上手くはありませんが、自然の中でのプレーはとても気持ちよくリフレッシュできています。あと、ゴルフの話は年上の方と会話する際に共通の話題として結構役に立っています。
一緒に働きたい「ヒト」
自分自身で考え、積極的に動ける人と一緒に働きたいと思います。仕事は学生時代の試験などとは異なり、必ずしも正解があるとは限りません。その中で、自分自身で考え、結論を出せる。結論に向かって行動できる人は、その結果がどうであれAOに向いていると思います。正解のない問いに対して考え、結論を出すことはとても大変なことですが、結論に至るまでの考え方で他の人を納得させることが出来ればその結論は一種の正解だと思っています。なので、問いに対して分からないと言うのではなく、私はこう思うと自ら発信してくれる人と働きたいですね。
一緒に働きたい「ヒト」

一日のスケジュール

午前

出社(直行)
自宅から直接お客様先へ移動します。移動の電車の中でMTGのシュミレーションをしたり、メールなどのチェックをします。
客先のプロジェクトルームでデスクワーク
少し早めにお客様先に到着し、一日のToDoを整理したり、MTG資料の最終確認を行います。
顧客とのミーティング
ECサイトのリニューアルに伴う業務変更点の洗い出しを行い、必要なマニュアル類の検討を行います。
ランチ
少し遅めの昼食を取ります。この時間であればお店が少し空いてきます。

午後

デスクワーク
翌日のMTGに向けた資料作成を行います。作業中に顧客からの問合せ対応も行います。
社内ミーティング
週次で実施している顧客との定例MTGに向け内部でアジェンダや資料の確認を行います。
メール確認、予定調整
MTG中に届いたメール等の返信や個別MTGの調整を行います。
帰宅(直帰)
この日は一度も会社に行きませんでしたが、社内のメンバーと飲みに行きました。
就職活動を控える学生へのメッセージ
就職活動を控える学生へのメッセージ
就職活動中はどこの会社に入るかで悩むと思いますが、重要なことは「その会社で何をするか」だと私は思います。私自身、AOは特別入りたかった会社ではなかったのですが、やりたいと思っていたことは思っていた以上にやらせてもらえています。むしろ他の入りたいと思っていた会社ではここまでやらせてもらえなかっただろうな、と感じています。もしAOに興味を持っていただけたなら、一度何をしている会社なのか聞いてみてください。そしてISID-AOのやっていることと皆さんのやりたいことが一致したならISID-AOを選んでいただけるととてもうれしいです。